image




私が

私である証に、私には自分の赤ちゃん時代に過ごしていた場所の記憶がある。

 

私が

私のことを話せるのは、私には自分が育った街の記憶があるから……。

 

私の脳は、私の歩いた街や過ごした場所に自分が生きていた標に、

沢山のお店や、沢山の看板や沢山の人々の姿を記憶させた。それが

 

〈思い出〉というものだ。その〈思い出〉には、匂いや味や色や形がある。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村