己を知らずして
仏に帰依出来るはずはない

己 知らずして
神に繋がるはずもない。


仏を知らずして
自らを戒めることは出来ない


神 知らずして
地球に、宇宙に通じるはずもない

知恵なくして
自らを清めることなど不可能

名前語らずして
善行、貫けず!

お寺や神社で
本名を名乗れずに御祓は無し





DSC_1885
2018,10,18 月夜




本名で、命を生きなさい。
つまり、芸名やペンネームは

そこに命を与えられていて

それは「うまれましたよ」と
いう意味を与えられています!

だから、その名前で
精一杯に生きなさい
ということを授かるために

お参りがあるんです。


「私は生きています」と
言えない人は、名前やお誕生日を
喜べない人。感謝して生きてない

「生きています」
だから、「ありがとうございます」
ということを「参拝する」ことで

「自分が生きている」
「生きて行きます」を宣言する
ことになる。空も太陽も月も雲も
草木も花も、海も風もその道のり



道のりの
「のり」は、祝詞に繋がる

「のり」は、乗(大乗)に繋がる

「のり」は、法に繋がる
「のり」は、宜に繋がる

「のり」は、儀に繋がる
「のり」は、教に繋がる

「のり」は、礼に繋がる
「のり」は、徳に繋がる
「のり」は、紀に繋がる
「のり」は、祝に繋がる

「道のり」とは神に繋がる


「道のり」は

それを他者から見えない場所にも
存在す。「いのち」とは、それを
全うすること

人は
「道のり」を
ただひたすらに歩むべくして
肉体をたまい、肉体を生かし

自らを育て、自らを敬い
他者を愛する。「道」とは

それを生きている時間のこと
人道には、神が宿ります!

「かむながら」



みことのり

とほかみえみため




かむいらいと
「神居来都」

「神武のみことのり」は
人道、その道のりは

人間なりて
生きるものなれば

人は、神に寄り添い
神に、生かされ幸あれと

生死をたまう者

自然界に、人に、いのちを
分け与えながら、生きる者

魚も、お肉も、お米も、野菜も
かむながら。みことのり




生まれてきてくれて、生きていてくれて
「ありがとう」と言われることが、

生まれてきて与えられた、「お誕生日」
なんです。生まれたんだから、幸せ!


苦しくても、悲しくても「幸せ」だと
言わないと、病気になったら負けちゃう。

震災になったら、病んじゃいます!


病まない為に、「人道」を生きる…。
神に添いて、自然界と、地球と生きる。


地球にいて、地球で泣いたり笑ったり
学んだり、頑張ったり、くじけたり
傷ついたり、艱難辛苦を体験して

四苦八苦して、「諸行無常」を知って
「人間らしさ」を分かるようになる。


分かると、「極楽浄土」に行ける…。
「生まれたから死ぬまで学べる」だけ!


「めでたし、めでたし。 ボジソワカ」
菩提薩婆訶


仏さまみたいに、神さまのそばに
行ける。私の未来は、それだけ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村