「語彙(ごい)」について、分からなくし

人間である環境を捨て、指示され、言語や
スキルには繋がらなくし、人間である扱いを
されなくし、知能の機能を排除されている顔。

標準語や、本名や身元である証を話せなく
なる生活を、市街でアピールしている人々!


認知症のふり、宗教により人間生活を
維持出来なくされた仲間との隠語生活は

精神障害者として暮らし、脳のダメージを
アピールしている人々。偽名や失語ごっこ。

バーチャル生活者。標準語、日本語を排除
してる男女。本名の名乗り合いが出来ない、
庇護され、狂言や嘘を話している精神障害。


人間でない、日本語を言わない、知能には
問題があるアピールにニュータウンにいて、
アピールに声をだす精神障害者の男の子。


知能のダメージから人間たる日常会話を
させてもらえない、エホバにより狂わされ
共産党によってマインドコントロールされ、

人間たる日常生活をしていないアピールの
家庭というものを、ニュータウンから垣間
見れる。「話せない」「言わない」「嘘」
だけの暮らしをアピールする偽名生活者。



通常、「語彙(ごい)」と言われる言葉から
人間の日常「会話」や、「標準語」が
イメージされる。


名前を自己紹介する場所では、新学期や
面接や取り引きなどで必要になる標準語。


仕事には、営業やサービス業には時に
「隠語」があり、バッグヤード特有の用語、
医療機関では医学用語などが特別圏になる。


学校でなければ、
「放課後」とは普段言わない。「一時限」
「二時限」とは学校外や学生がいない場所
では言わないし、「担任」などの言葉も

学校では
日常的な名詞。「児童」や「課外」とか
「登校」「学級」などで学校を示します。


しかし、多摩市にいると知能に障害がある
ふりをするエホバごっこがあり、精神疾患
があり、知能をコントロールされて名前も
地名も言わない、言えない、

育ちの不充分な家庭環境や、前科者家庭に
いる宗教と洗脳だけに頼り人間生活を排除
されてきたアピールがある少年が多数いる。



では、「語彙」とは?


📖スーパー大辞林3.0より


ご い −ゐ [1] 【語彙】

(1) 〔vocabulary〕
ある一つの言語体系で用いられる単語の
総体。言語体系をどのように限るかに
よって,内容が変わる。日本語という
限り方をすれば,日本語の単語全体を
意味し,漁村・農村あるいは特定の職業
など,ある領域に限れば,その領域内で
使われる単語の全体を意味し,ある個人
に限れば,その人の使う語の総量を表す。

「漱石の—」 「—が豊富だ」


(2) 単語を集め,一定の方式に従って順序
立てて並べたもの。解釈の付けられている
ものが多い。 「近松—」










―説明―

*出版社からのコメント*

語彙力で、知性と教養を磨け!!

ベストセラー『文章は接続詞で決まる』の
著者が伝授

“脳内の辞書"を豊かにするための
「22のメソッド」


◎内容

話すとき、書くとき、「もっと語彙力があれば……」と思う人は多いだろう。
すらすらとよどみなく、豊富な言葉を駆使している人を見れば、
「よほどの量の勉強や読書をこなさなければ、ああはなれないのだろうか」と感じ、
自分との歴然とした差にヘコむ人もいるかもしない。

しかし、語彙力のある人というのは、
ただ単に「知っている言葉の数が多い人」ではない。
「文脈に合わせて適切な語を選択する力を持った人」なのである。

本書では、語彙というものの中身についてよく知ったうえで、
語彙力を「量」と「質」の両面から強化する22のメソッドを紹介。

脳内の辞書を豊かにし、使用可能な語彙を増やし、
それを効果的に表現に活用する方法を、豊富な実例を交えて解説する。



📖目次

▫️はじめに 言葉が思考を規定する

▫️第一章 語彙についての基礎知識

(一)語彙について考える
(二)理解語彙と使用語彙


▫️第二章 語彙の「量」を増やす

(一)類義語を考える
(二)対義語を考える
(三)上位語と下位語を考える
(四)語種を考える
(五)文字種を考える
(六)書き言葉を考える
(七)専門語を考える
(八)方言を考える
(九)新語と古語を考える
(十)実物を考える
(十一)語構成を考える


▫️第三章 語彙の「質」を高める

(一)誤用を回避する
(二)重複と不足を解消する
(三)連語の相性に注意する
(四)語感のズレを調整する
(五)語を適切に置き換える
(六)語の社会性を考慮する
(七)多義語のあいまいさを管理する
(八)異なる立場を想定する
(九)語の感性を研ぎ澄ませる
(十)相手の気持ちに配慮する
(十一)心に届く言葉を選択する


🖊️あとがき/参考文献/索引

内容(「BOOK」データベースより)

脳内の辞書を豊かにする22のメソッド。
語彙力で知性と教養を磨け!



🖊️著者について

▫️石黒圭(いしぐろけい) ▫️

1969年大阪府生まれ。神奈川県出身。

国立国語研究所研究系日本語教育研究領域代表・教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授。一橋大学社会学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は文章論。著書に『文章は接続詞で決まる』『「読む」技術』『日本語は「空気」が決める』(以上、光文社新書)、『よくわかる文章表現の技術I[新版]―表現・表記編―』『同II[新版]―文章構成編―』『同III―文法編―』『同IV―発想編―』『同V―文体編―』(以上、明治書院)、『「予測」で読解に強くなる! 』(ちくまプリマー新書)、『この1冊できちんと書ける! 論文・レポートの基本』(日本実業出版社)など多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)





――――――――――――――――――――――――




「ボキャブラリー」について。


医学には、医療に関わる多数の専門用語、
イメージにした日常会話が成立します。

携帯電話事業にも。食品を扱うメーカー、
スーパーマーケットにも。つまり、言葉は
人間に「何処にいる人か」を明らかにする
名詞や、専門用語や語彙や隠語が存在する。


秘密裏に、もしくは仲間や身分を明らかに
第三者に「繋がってない組織」のアピール、

一般社会や人間生活に「無関係である証」
にした隠語や、合言葉(精神障害者特有の)
など。


つまりは、病院関係者や医療従事者の会話
とは、患者には分からない。精神障害者の
会話は、正常知能には繋がらない。

デパートやアパレルに働くスタッフには
お客様に繋がってない証に、自分たちだけ
の会話や、隠語がある。フリートークだ!


バッグヤードにいて使ったり、もしくは
世俗や一般常識に繋がってない言葉遣いや
宗教にだけ繋がってる独特なオウム真理教
ごっこや、創価にいる精神障害者用語はど。


人間生活に繋がってない、世俗に通じない
知能障害や、マインドコントロールされて
生きてきた(脳の働きが著しく低下してる)
証の言葉遣いや、特定宗教や組織の語彙!


人間の喜怒哀楽に繋がっていないイメージ、
社会的ネットワークに存在してない知能を
持つアピールが、知的障害者のふりや精神
障害者役をやるグループには、過剰に存在。

「ボキャブラリー」の制約や、日常会話に
本名や居住地、住民基本台帳や戸籍謄本に
自身が居ないかのようにした、偽装生活者
がいる。生年月日を祝わないイメージ。


生まれたことを祝えない、お誕生日を
祝わない。多摩市では、ニュータウンでは

お誕生日や祝日や「今日は何の日」という
類に、一切自分たちが(ある組織やエホバと)
共産党では、存在出来ないという。偽名生活。


生年月日は(事実なので)隠してる。住所は
他人名義や、不法入居だから言えないなど。
犯罪者や、精神障害者や偽装詐欺である証。

ニュータウンにいて、本名に暮らす人は
多摩市では、微々たるもの。住民基本台帳
での住所には暮らしてない共産党の関係者。


他人名義や、親戚のふりをし住所登録を
した番地外に他の市区町村や住民登録を
してない都道府県に暮らす共産党崇拝者。

偽装生活の証の制約に依存し、
バーチャルによる議員ごっこといる演技性
パーソナリティ障害の環境で盲信と依存に
より繋がり合うカルト政治。すがり合う病。


そうした共産党支持者の姿に、人間たる
「ボキャブラリー」は、独特なる会話が
飛び交い、精神疾患が見て取れる。


「人間らしさ」や、「道徳」など
不要としたイメージの洗脳により生き、

「戦争反対」しながらも、テロリズムに
傾倒し、盲信したイメージにいる共産党
独特の嗜好。なぜなら国を困らせる為に
事件や狂言や偽装にいるグループが目立つ。




📄宏枝.Suzuki