皆さんは
1年に1回、健康診断を受けてますか?


あなたは、『自分のカラダ』を
知っていますか?


あなたは、『免許のある医学者』の
いる病院に通ったことはありますか?


世の中には、無免許の医学者ごっこが
あります。それを知らない芸能人が

無免許の産婦人科医や、皮膚科医と結婚
なんて、騙されたまんまの結婚生活に?
浸っているケースがあります!


あなたは、健康診断を受けて
『がん健診』を受けたことは
ありますか?


あなたは、「肺がん」の検査を受けた
ことはありますか?

あなたは、「卵巣嚢腫」の検査を受けた
ことはありますか?


あなたは、総合病院に通ったり
定期検査や、持病の治療を受けてますか?


あなたは、かかりつけのクリニックと
いうのは、ありますか?

あなたは、心電図や胸部X線撮影や
採尿や採血を受けたことは、ありますか?


世の中には、警察で働きたい、働いている
とした青年でも、「健康診断」で、ビクビクし
順番を待ちながら、震えたり緊張をしているし
ビクついている青年や男性がおります(現実に)。

精神不安症は、公務員の「公務員たる理由」か。
「交通機関恐怖症」か、「パニック障害」故に
「街を歩けない」や、「移動が苦手」だとか?

だから、「派出所」にしか居られないとか?


分かりますか?
警察官だって、弱虫や気弱は居るんです。


だから、企業や交通機関が苦手だから、と
会社に入らず、地域生活しかしなくていい
公務員になったり、

バスや電車に乗れない、「パニック障害」を
克服出来ずに、芸能人やら自家用車依存症の
人では臆病になり、世俗から隔離された生活
というのをしている人々というのが居ます!


病院は、駐車場が無かったり、病院には
駅から離れていてバスに乗らないと行けない
地域もあり、だから「パニック障害でない」
正常な人々しか病院に行けないイメージがあり

精神疾患がある人々は、自家用車で通える
駐車場がある場所にしか行けない、という
不可思議な仕組みも、発生します!


さて、あなたは

あなたの名前で、あなたのカラダや命の為に
自分のカラダで、「健康診断」を受けられて
いますか?


警察官だって、警察学校に入った青年ですら
「健康診断」を受けたら、ビクついてるとか
採血の際にひっくり返ってしまう男子がいて、

怖がりな人は多数います。
そんな男たちの集団が、芸能人ごっこやら
エキストラ生活者や、警察関係者に多々いて、


情けなく、悲しく思うことがありました私が
「あなたのカラダ」に、「あなたの命」に

「自分を生きる」私学として、あなたに
提示します。あなたが、あなたらしくあり

あなたらしく生きる為に、あなたに、肉体に
生命を生きる場所を、提示します。自らに

「生きる責任」を、負えるように定義します!


「セミナー」だの、「しがく」だけではなく
あなたが、あなた自身の「自身の肉体」での
私学を、生きれるように!!


「モノを語る」ということは、己をよく
学び、己をよく知りなさい、と。

カラダは、あなたを生きているのだから…。
洋服は、誰もが同じ色やサイズを着れますが。

自分の命とは、あなたは「自分の遺伝子」を
「自分の人格」と、共同体であります!


あなたは、あなたの本名についた「肉体」に
居ます。あなたは、あなたの両親の細胞から
生まれた生命を生きているのです。

あなたには、あなたの真実に繋がる理由や
権利がある。それが、あなたにある「私学」
になります。


あなたには、「自分である真実」という
責任がある。その真実を語れる肉体にあれ。










―説明―

◈内容紹介◈

健康診断は,病気をみつけるだけでなく,私たちに生活習慣を見直すきっかけをあたえてくれる,大事な検査です。
健康診断の検査項目には,「γ- GTP」,「ビリルビン」などの聞き慣れないものが多数あります。いったい,これらは何を調べるためのものなのでしょう。また,それぞれの検査数値は,体がどんな状態であることを示しているのでしょうか。本書では,検査項目の意味や数値の見方,さらに健康診断などでわかるさまざまな病気について,くわしく解説しています。
本書は,好評を博した別冊『からだの検査数値』の新装版です。“黄色信号"の検査数値がある人へ医師が送るアドバイス,がん検診の内容などを加え,より健康に役立つ一冊となっています。ぜひご一読ください。



《目次》

監修のことば 髙久史麿


📓1 検査結果を読みこなそう

検査結果の新しい読み方
あなたの検査数値をチェック
コラム 検査数値との上手なつきあい方


📓2 検査数値を自分でチェックしよう

γ-GTP
AST(GOT)・ALT(GPT)
ALP
ビリルビン
LDH
アミラーゼ
カルシウム
赤血球
白血球
血小板
血液凝固
血糖・糖負荷試験
ヘモグロビンA1c
赤血球沈降速度・CRP
血圧
心電図
コレステロール
アルブミン・総タンパク
尿酸
尿素窒素・クレアチニン
尿検査
糞便検査
甲状腺ホルモン
肝炎ウイルス
腫瘍マーカー
自己抗体
BMI・腹囲
CK
血清タンパク分画
動脈血
鉄代謝
遺伝子検査
コラム 性別・年代別にかかりやすい病気をみてみよう
がん検診


📓3 検査でわかる病気

人体のしくみと疾患
糖尿病
脂質異常
高血圧
自己免疫疾患
がん
感染症
コラム 21世紀は感染症の時代である
脳と神経の病気
肺の病気
心臓の病気
甲状腺の病気
胃の病気
肝臓の病気
胆嚢の病気
膵臓の病気
大腸の病気
腎臓の病気
骨の病気
血液の病気
コラム 人類と病気の攻防史


📓4 生活習慣病の脅威

死の四重奏とは何か?
食べすぎ・酒・運動不足・たばこ
連鎖する高血圧症・肥満・脂質異常症・糖尿病
たばこはがん,虚血性心疾患,脳卒中の原因になる
がん,虚血性心疾患,脳卒中に発展する
予防と治療の基本
あとがき


KEYWORDS
出版社からのコメント
検査数値の意味がよくわかる!
より健康になるための秘訣とは?
“黄色信号"の人へ医師が送るアドバイス