『大局観』という世界を、

ぐるりと見回して、人間に
『お前とは何者か?』と、己に問う!?



『好き』『嫌い』を語るのは容易いね。

『才能』なんかは、丸見えになりやすい。
『犯罪者』は、見えにくい。嘘つくの!


人間の知力や、魔力は『写しやすい』し。
他人の優しさは、『うつろう』けど?


では、『運動場』にいる自分がいちばん
好きな場所は、どこかな? 自分らしく
居られるのかな? 楽な場所なのかな?


『大局観』を、例えば校庭にいる
『スポーツ選手』だとしたら、それを指導し
コーチングする監督やコーチが、多重では?

コーチングは、不可能なんだよね。記憶
しないと、コーチングは不可能なんだわ。


『大局観』は、スキルや知識や思考に
第三者からのコントロールによる迷いが
あってはならない、記憶喪失は犯罪者が…

例えば、
『やったことをやらないふり』をしたり、

『自分を死んだことにしたい』現実回避
なんて気持ちにはなっていたりするよね。


『大局観』なら、現実が
イキイキするだけの現場なんだわ。

悟りは、イキイキしていく場所なんだよ。


『覚醒』とは、『暗いことに繋がらない』
んだよ。『目覚めたこと』にしか居場所
とは存在しない。心地よいか否かだからね。


暗がりにいたら、暗いのかと言えば?
いや違う。暗い場所にいることは、人を

『孤独』にはしない。『見えない』のか
ではなく、『見ないことにする』演技を
人間がする。孤独を使ったか否か、だ!?


芸術は、音楽は、文芸は、

『大局観』でなくとも創作は可能だ。
要するに、病気でも、異常者でも人は
産み出すことは、可能なんだよね。

しかし、その異常さを超越しないと
『創造的』ではない。

人間の儚さには
『見えにくいこと』より、『見えること』
により弱く、ダメージが起きやすいんだ。


だから、『大局観』とは
『見えにくい』『第三者が知らないもの』
にしか見いだせない。行いや、思考とは

自分の内性にしか活路が見いだせない!


『狂言』という世界がある。そこには
ゴーストライターも存在している。が?

世の中の、一部の『ゴーストライター』は
『ふりをして生きている』人である…。


自分で、『誰かになったふり』したり?
自分で、『誰かに成り代わってもらう』のね。

『専門外』という世界を、『専門であるふり』
している精神障害者も、世の中にはいる。


そこに、『大局観』というのは存在しない!


自分であり、自己形成や自己能力において
自分以外の存在や、自分の外側にあるモノ、

自分の外側に存在する人々を『分かる』と
いうことだ。『分かるふり』は嘘である。


『分かる』ということは、『気付くこと』や
『識ってしまう』ということ。それにより

『自分の思考』や、『自分の知恵』により
感情や体験や、営みをコントロールする
ことだ。











説明

―内容紹介―
音楽、将棋、マジック、絵画の創造性――
言語脳科学者と、各界の第一人者による知的対談

創作の源泉となる脳の秘密とは?
作品や技法を生み出す能力とは?

人びとの心を打つ、芸術の力の核心に迫る!!

芸術には人びとの心を打つ、何か根源的な力が存在する――「音楽」「将棋」「マジック」「絵画」で作品や技術が生み出される過程や、そうした創造的能力に必要な脳の条件とはどういうものか。人間の言語能力を手がかりにして、美的感覚というものを背景とした「芸術の力」の核心に迫る。各分野の第一人者と、気鋭の言語脳科学者による知的対談。




【主要目次】

はじめに――脳はどのように芸術を生み出すか


🖋️I なぜ音楽は楽しいのか 曽我大介(指揮者・作曲家)
対談を終えて――意外性に満ちた創造の現場

🖋️II なぜ将棋は深遠なのか 羽生善治(将棋棋士)
対談を終えて――芸術性が分かる感覚

🖋️III なぜマジックは不思議なのか 前田知洋(クロースアップ・マジシャン)
対談を終えて――脳が不思議を感じるとき

🖋️IV なぜ絵画は美しいのか 千住博(日本画家)
対談を終えて――生きる活力としての芸術
おわりに――人間・言語化・対話という共通性



🖋️内容(「BOOK」データベースより)

創作の源泉となる脳の秘密とは?作品や技法を生み出す能力とは?人びとの心を打つ、芸術の力の核心に迫る!



*著者について*

【編者】

🗒️酒井邦嘉(さかい・くによし)

言語脳科学者、東京大学大学院総合文化研究科教授、同理学系研究科物理学専攻教授兼任。1964年生まれ。専門は言語脳科学および脳機能イメージング。第56回毎日出版文化賞、第19回塚原仲晃記念賞を受賞。著書に『言語の脳科学』(中公新書)、『脳を創る読書』(実業之日本社)など。



【著者】

🗒️曽我大介(そが・だいすけ)

指揮者、作曲家。1965年生まれ。ブザンソン・コンドラシン両コンクール第1位を始め欧州を代表するコンクールで上位入賞。大阪シンフォニカー響音楽監督、ルーマニア放送響首席客演指揮者、東京ニューシティ管首席指揮者を歴任。世界で客演を重ねる一方、ブラジル・ロンドリーナ音楽祭などに出演。著書に『《第九》虎の巻』(音楽之友社)など。


🗒️羽生善治(はぶ・よしはる)

将棋棋士。1970年生まれ。1996年将棋界で初の7タイトル独占を達成。2013年現在、全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号の資格の保持。加えて名誉NHK杯選手権者の称号を含めた7つの永世称号の保持は史上初。著書に『決断力』『大局観 自分と闘って負けない心』(角川書店)など。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



私を、『大袈裟』だと考えたなら
それは、『大局観』ではないだろう。

私に、『質問されたくない』場合には
『大局観にはなりにくい』だろう。


私に質問したがりな人も、『大局観』
ではないだろう。『大局観』とは?

居るだけで、『なるほど!』と分かる、
気付くことである。


『勘違い』や、また『見た目』に
こだわらずに、空気を読むことである。

『ツーと言えば、カー』ならば?
たぶん、以心伝心をしやすい。


ソウルメイトなら、探らないし
質問も嫌わない。見抜きあう関係。

『感じる』とは、そういうことだ!



因みに、『大局観』とは?

三省堂によれば


たいきょくかん

【大局観】
物事の全体の動き・形勢についての
見方・判断。 のこと。



私を見にきた人が、私以外の周りにいた人間を、
周りでバカをやる人たちを見えないとか、
気づかないとか、記憶していない人が?

『大局観』を分からない人らしい。


『大局観』は、
私に会いにくるだけの人間ではなく、

あなたの親兄弟について、語れる人のこと、
である。あなたが好きなことや、周りに
いた人に詳しくなること。精通すること。


『大局観』とは?

あなたが、あなた自身の病や体について、
他人に、みんなに説明出来る人なのである。


あなたの、あなたが生まれてから生きて、
記憶した自身の体験を、分かる人なんだ!


ついでに言えば、私に会った顔が

私を、『鈴木千生のふり』だと言ったなら
それは、『大局観』ではない人なのだ!!


私を見て

『あ、鈴木霄ちゃんだ』とか、
『宏枝さんだ、こんにちは』と言えたなら
その人は、『大局観』な人だと分かる!?


周りにいる、精神障害者より豊かな人だ!

『精神疾患がある人のふり』や、真似を
やらない人。みんなに倣え、で無意味な
隠語に狂わない人のことだ。


おかしな内容ばかり話し『狂っている』
アピールをしないことだ。『自分の事実』
『事実により機能する』人間であること。


日常に転がっていた『馬鹿げた他人』に
交わらないことだ。宗教や政党に日常を
依存しないことだ。仲間や、友人とは

『生きた生身のほんとの名前』で繋がる
人たちと、会話をすることだ。まやかし、

狂言に、『自分がいない場所にいるふり』
という日常に、潜り込まないことだ!


あたたかい布団に寝ているように生きる、
清々しい風景の中にいて、他人から

本当の名前を呼ばれることだ。仲間を
裏切らない、家族を裏切らないように
生きることだ。幸せな人には嘘がない!


人を幸せにしている人には、嘘がない。





🖋️鈴木宏枝でした。